倉敷駅南口は全国的にも有名で、多くの観光客が訪れる白壁の倉敷美観地区や、岡山でも随一となる繁華街への玄関口となっています。 1日の平均乗降客数は約15000人にものぼり、地元の方はもちろんのこと多くの観光客やビジネス客が利用しています。 南北自由通路から車道をまたぐペデストリアンデッキを通じて、駅舎と周辺の施設や街へと繋がる通りへ出られるようになっています。 全体的に都会的でスタイリッシュな雰囲気に整備されており、駅正面のローターリーには大きな花時計が設置されるなど、美しい景観が印象的です。

駅前には中国地方の代表的な百貨店である天満屋が入り、地元の人やお土産物を買う観光客で賑わいます。 天満屋内には倉敷ロフトも入居しており、若い人に人気の場所といえるかもしれません。
ここから15分ほど歩くと白壁土蔵のなまこ壁と、格子窓の町家が美しい倉敷美観地区へとアクセスできます。 倉敷川沿いの川面に映る柳並木と風情ある町並みの中に、大原美術館や倉敷館といった洋風建築物も違和感なく溶け込み、情緒ある雰囲気を味わうことができるでしょう。 大原美術館は南口へと出たなら、是非一度は行っておきたい倉敷の観光名所です。 ギリシャ神殿のような造りで、由緒ある所蔵物が展示される倉敷を代表するアートスポットといえるでしょう。

また、近隣のユニークなスポットとしては昔ながらの米倉を利用した博物館である、日本郷土玩具館もオススメです。 全国各地の郷土玩具の展示のほか、倉敷ガラスなどのお土産物店も併設されています。 ここ倉敷に来たら1日では時間が足りないかもしれません。 倉敷駅はシティホテルやビジネスホテル、老舗旅館、今流行のゲストハウスまでたくさんの宿泊施設が揃っていてターミナル駅として岡山県内の観光スポットを巡る拠点としても最適なので、ここで一泊しても良いでしょう。
是非利用してみてほしい宿泊施設として、ゲストハウス有鄰庵があります。 南口から徒歩10分ほどの場所にあり、夜の美観地区にとけ込む築100年の古民家を改築したゲストハウスになっています。 まるで江戸時代にタイムスリップしたかのようです。 南口から近くが良いという方は、ホワイトイン倉敷がオススメです。 駅からのアクセスが良いだけでなく、倉敷美観地区まで徒歩10分、ショッピング人気の三井アウトレットパーク倉敷まで徒歩8分と倉敷観光の拠点にピッタリといえるでしょう。

自転車の無料レンタルもあるので、自転車で倉敷の街を散策するのもいいかもしれません。 そして、南口より徒歩8分のところにある白壁造りの料亭旅館御園は、明治時代に料亭として創業し、純和風の部屋が自慢です。 深夜でも利用できる大浴場もあるのが魅力ではないでしょうか。

さらに岡山には楽しめるお風呂(風俗)がたくさんあります。(ある意味大浴場)笑
男性にはもちろん人気があるのですが、岡山では女性が働く場としても人気があります。 観光の疲れを癒す目的の方や地元の紳士な利用者が多いため、他の街のように本気で風俗に通う特殊な方が少ないので働きやすいと人気が高まっています。その証拠に男女兼用の岡山風俗情報があるほどです。
通常なら男性なら男性向け、女性なら女性向けと分けられていることが多いので大変珍しいですね。 これは男性に信頼を置いている証拠なので、風俗を利用する際は岡山の形を壊さぬよう紳士な姿を見せれば、本気で心も体も癒してもらえることでしょう。